パパリーマン日誌

一児の父の趣味ブログ!

Wordpress始めたら入れたいオススメプラグイン10選!

f:id:blogkakitai:20160711163206j:plain

仕事柄、知人に「Wordpress入れたけどオススメのプラグインない?」と言われることがあります。

しかし、一人一人に同じことを何度も話すのは面倒なもの…。

なので「まずはこれだけ入れて置いたらいいんじゃないかな?」というプラグインをまとめてみました。

Wordpress入れたばっかりの方に参考にしていただけたら幸いです。

ぼく個人がオススメするWordpressプラグイン

Jetpack by Wordpress.com

ja.wordpress.org

インストール型のWordpressでもWordpress.comの恩恵を与れるプラグインです。
便利な機能がこれでもかと詰め込まれています。

  • 簡易的な統計情報が確認できる機能
  • サイドバーのウィジェットの種類が増える
  • 記事投稿時に各種SNSへ更新情報を投稿する機能
  • Markdownでの記事編集が可能になる機能

挙げて行けばキリがありませんが、Wordpressの使い勝手が全体的にアップするのでオススメです。
というか入れない理由が見当たらない感じです。

All In One SEO Pack

ja.wordpress.org

検索エンジンへ対策を強化してくれる機能が満載のプラグインです。

機能の一例としてはこんなの↓があります。

  • ブログ自体、または記事が検索結果として表示される際の「タイトル」や「概要」の設定が可能
    メタ情報をしっかり設定することで検索順位が改善されることがあります。
  • 検索エンジンにインデックスさせる/させないの設定が可能
    「404エラーページ」や「タグページ」など、ユーザにとって利益があまりないページについては、検索エンジンに載せない(インデックスさせない)方がサイト自体の価値が上がる可能性があります。
  • URLの正規化をしてくれる
    していないとGoogleさんからマイナス評価を受けることがあるとかないとか。

全てを解説するのは大変なので、解説サイト等を見て設定していくことをお勧めします。

Google XML Sitemaps

ja.wordpress.org

Googleさんに「私のサイトにはこんなページがあります!」と伝えるためにはサイトマップというものを作る必要があります。

サイトマップGoogleさんに提供すると、自分のブログにどんなコンテンツがあるのかを把握してもらえます。
把握してもらえると、検索エンジン上で素早くインデックスされやすくなるなどのメリットがあります。

しかし、このサイトマップ、記事が一つ増えるたびに編集をしなくてはいけません。
これでは記事の更新に集中できませんよね?

そんな面倒くさいサイトマップの更新を自動でやってくれるのが「Google XML Sitemaps」というわけです。

設定項目もそんなに多くなく簡単に導入できるのでオススメです。

PubSubHubbub

ja.wordpress.org

記事の更新情報を検索エンジンに伝え、素早くインデックスさせるためのプラグインです。

とりあえずインストールするだけでネット上により早く記事情報を通知できるので、入れておいて損はありません。

BackWPup

ja.wordpress.org

何らかの原因でWordpressが動かなくなった、またはデータが壊れてしまった。
こんなトラブルには巻き込まれたくないですよね?

対処法としては定期的にバックアップを取るのが一番なんですが、Wordpressの何をどうバックアップしたらいいかは分かりにくいです。

そこで、Wordpressのバックアップを簡単にできるプラグインを使うわけですね。

BackWPupは「サーバ上のファイル」と「データベース」の両方をバックアップできるプラグインです。
指定した日時にバックアップを取ったり、ワンクリックでバックアップを取ったりすることが簡単にできるのでオススメです。

注意:メニューからなんまですべて英語です、それだけ気を付けて

TinyMCE Advanced

ja.wordpress.org

Wordpressの編集画面を劇的に使いやすくするプラグインです。 無料ブログの編集画面のように、HTMLの知識がなくてもスラスラ記事を編集できるようになります。

Better Delete Revision

ja.wordpress.org

Wordpressは記事の更新すると、更新前の記事データを消さずに残しておき、更新後の記事データを実際の表示に使うという動きをしています。

「一個前の記事データに戻したい」と思った時には便利なんですが、更新ボタンを押すたびに記事データがどんどん増えていくのは困りもの。 だってサーバーにゴミデータが増えていく一方ということですから…。

この無駄なゴミデータを消すことができるプラグインが「Better Delete Revision」です。

簡単な操作でデータベースの掃除ができる点がオススメ!

ja.wordpress.org

ブログ内にあるリンクのうち、リンク先がなくなったりしたものを報告してくれるプラグインです。

リンク先がない記事データ等をたくさん詰め込んでいるブログは、情報としての価値が低いページと判断されるためSEO的には悪く評価されます。

その結果、検索順位が落ちたりしてしまうのを防ぐために入れておくことをオススメします。

Contact Form 7

ja.wordpress.org

いわゆる「お問い合わせフォーム」を作れるプラグイン

Googleフォームで作成してもよいのですが、Contact Form 7 の方が簡単に設置できるうえに細かいところまで作りこめるのでオススメです。

Google Photos embed

ja.wordpress.org

記事内にGoogleフォトを挿入できるプラグインです。

Googleフォトは無制限に画像を保存しておけますから、サーバ容量を圧迫することはありません。

このプラグインを使用して画像を記事に挿入した場合、Googleフォトの共有URLが使われているため、ブログの引っ越し、ドメイン変更を行っても画像リンク切れが起きないのがオススメポイントです。

スマホ等で撮った写真をGoogleフォトに同期して使うことで、ブログのネタ収集にも大いに力を発揮します。

他におすすめのプラグインがあったら教えてください!

以上、個人的にオススメできるプラグインを紹介しました。

Wordpressは他ブログサービスと違い、入れたばかりだと「無人島で商売を始めた」ようなものです。

そのため今回は検索エンジン対策のプラグインを多く紹介してしまいましたが、「もっといいプラグインあるよ」とか「このプラグインは必須でしょう!」というプラグインがございましたら、コメント等で教えていただけると嬉しいです。

ではでは。

広告を非表示にする